土地負荷(使用プリム数)低減にむけて

低プリムを心がけて制作してきたアイテムも、やはりデザインが時代遅れ。
今さら3DCGソフトを使う気力もないから、「MESH STUDIO」を使うことにした。
まだ買ってないけど。
で、それより前に、今まで気にしていなかった機能「実像の種類」の「凸状の外殻構造」をきちんと反映させてみようとやってみたら、なんと土地負荷がグンと下がって。
今は低プリムなんて言い方しませんよね、低負荷ですね。
SL団塊世代の頭は固いから、メッシュ時代にすっかりと乗り遅れてしまっている。


家の床構造をリンクすると13プリムで、それを「凸状の外殻構造」にすると6プリム。
ほかに負荷が下がりそうなリンク形態にして試し、ついでに購入した樹木オブジェクトもソファも編集可だったから、そういうのも全部「凸状の外殻構造」に。
結局、家の土地で100ほど負荷が下がり(昔風にいうと使えるプリム数が増えた)、店のほうはどうかというと、そちらも20ほど低減。
どちらも大きい数字ですよね。
追加でいろんなものが置けるようになる。

これまで作った商品もぜんぶこうすれば、1~2プリムほど減らすことができるけど、ちょっと面倒。
今度は「MESH STUDIO」でちゃんとしたものに作り直してリリースする予定です。

0 コメント:

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。